新たな旅をはじめます——新年のごあいさつに代えて

新年明けましておめでとうございます。

昨年のわたしは、どこに向かうのか何も分からないまま歩き続けた1年だったように思います。
コロナウイルスの感染におびえ、またコロナがもたらす社会の変化にどのように対応していけばいいのか、答えの出せない問いにずっと向き合ってきた感じがしています。
そして最近になって、少しずつですが分かってきたことがあります。
何でもコロナウイルスのせいにしてきた自分の存在です。
うまくいかないのは自分のせいではなく、コロナ禍によって世の中が変わってしまったからだという、どこかあきらめのような冷めた見方が、自分の始めた挑戦への意欲を蝕んでいるではないかと感じ始めたのです。
新たな事務所のスタート直後に訪れたコロナ禍、そして出発点の開点とその後の感染拡大—―。はじめは未曽有の出来事にやむを得ず繰り出していた免罪符が、いつしか常套手段になってしまっていました。

おかげさまで初夏からほぼ休みなく続いた作家さま方の展示が終わり、12月の初めに2年ぶりの気ままな一人旅をしてきました。
旅に出る朝、これまでと違うことが起きました。たったの数日間だというのに、家を離れることにとても不安を覚えたのです。初めての感情でした。
でも、新幹線に乗りながら、窓の外がだんだん見慣れない風景に変わっていくにつれて、少しずつ以前のような旅への憧れが高まっていきました。
同時に、何も変わっていないと思っていた自分の心は閉じて内向きになってしまっていたのかもしれない――驚きとともに悲しい気持ちがこみ上げてくるのを感じました。過ぎ去る風景を眺めながら自分の日々の暮らしすべてがそのような方向に動いていることを認めざるを得ませんでした。

旅から戻り、ずっといろいろなことを考えています。
いつも旅する自分でありたい—―自身のこの気持ちが母体のひとり出版社「旅と思索社」と、この「出発点」の屋台骨を支えてきました。
今年こそはコロナと共存する世界に前向きに向き合いながら、その基礎となる部分を補強し、時代にふさわしい新たな旅の計画をたくさん練っていきたいと思います。
コロナの世の中でも、希望を持って新たな知見で向き合えば乗り越えられる日がきっと訪れると信じて。

本年も旅と思索社ならびに出発点をどうぞよろしくお願い申し上げます。

合同会社 旅と思索社 代表社員 
Bookstore & Gallery 出発点 点主 
廣岡 一昭 

年末年始の営業について

平素より出発点をご愛顧いただきまことにありがとうございます。
来たる年末年始の営業スケジュールにつきまして、下記の通りとさせていただきます。

12月27日(月)・28日(火)・・・・・・定休日
12月29日(水)・・・・・・・・・・・・14~18時営業(年内最終営業日)
12月31日(木)~1/6(木)・・・・・・年末年始休業
1/7(金)・・・・・・・・・・・・・・14~18時営業
1/8(土)・・・・・・・・・・・・・・13~18時(通常営業)

お客さまにはご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

※やむを得ず諸般の事情により営業時間を変更する場合がございます。
ツイッター(https://twitter.com/shuppatsuten_jp)などで最新の情報をご確認ください。

<終了>【道草カレッジ・ネコのひげ】006 第3回この本だいすきの会オンラインイベント・「聞かせ屋。けいたろう」さん講演会『路上の聞かせ屋、絵本の文章作家になる』

1982年の創立以来、全国の仲間とともに『いつでも どこでも だれでも 読みがたり』を合い言葉に子どもの本の読みがたり活動を40年続けている「この本だいすきの会」の第3回オンラインイベント。
今回は「聞かせ屋。けいたろう」さんをお招きし『路上の聞かせ屋、絵本の文章作家になる!』と題して講演していただきます。
『どうぶつしんちょうそくてい』『どうぶつたいじゅうそくてい』『おっぱいごりら』など、絵本作家としても活躍されているけいたろうさんのさまざまな一面を知る楽しいイベントです。ぜひお誘いあわせのうえお楽しみください。

【お申込み方法】出発点ウェブストアの特設ページよりお申し込みください。

タイトル:『路上の聞かせ屋、絵本の文章作家になる!』
日時:2021年12月26日(日)14:00~16:00
参加費:1,000円(税込)
申込締切:2021年12月23日(日)23:59
主催:この本だいすきの会

<講師紹介>
《聞かせ屋。けいたろう》 聞かせ屋。延べ4か月の渡米公演を経て、絵本を片手に全国を駆け巡る。
保育士で二児の父。作品に『どうぶつしんちょうそくてい』『たっちだいすき』( アリス館)。翻訳作品に『まいごのたまご』(KADOKAWA) など。
ホームページ: https://kikaseya.jp

<講師からのメッセージ>
皆さん、こんにちは!「聞かせ屋。けいたろう」の活動をしております、坂口慶と申します。
私は15年前、夜の北千住駅前で大人に向けて読み聞かせを始めました。
歩き始めた絵本の道の途中で、後路好章(うしろよしあき)さんと出会い、絵本の文章を書くことを勧めて頂きました。その一歩が講演家とは別の道を拓き、今では絵本の文章作家・翻訳者としての日々も過ごしています。 皆さんの大切な会にお招き頂いて、ありがとうございます。離れた場所からではありますが、皆さんとのやり取りを沢山したいと思います。つきましては私に、皆さんからの質問やメッセージを頂けますでしょうか? こういう日々の中ですが、絵本で皆さんと「素敵な関わり」を持てればと思います。皆さんのご参加とメッセージをお待ちしております。

<終了>TDAえほんの会グループ展《今の私たち展》

東京デザイン専門学校(TDA)イラストレーション科/絵本専攻の卒業生と担当講師を中心とした有志によるグループ展です。

ちいさな集まりですが各々が日々コツコツと制作してきた作品を楽しんでいただけたら幸いです。

展示期間:11月11日(木)から11月28日(日)まで *月・火は定休日
時間:13:00~18:00(水曜日のみ14:00~) *最終日は17:00まで
営業時間について

<作家プロフィール>

川村 くみこ Kumiko Kawamura

(2015年度卒)

心だけは自由に飛んでいたい!
そんな願いを一筆一筆に込めて描いています。
観てくれたあなたの翼に、
このおまじないが届きますように!

BENIZAKE

(2015年度卒)

イラストをはじめ、刺繍,編み物,造形など、
想いを込めて制作しております。
想い=心=言葉 を大切に。
作品から広がる “縁=種” を植えていく想いで。
その種が芽吹き、大きな木や草花となって、
穏やかな世界を広げていく。
そんな作家として、歩んでいきます♪

縞 見幸 Miyuki Shima

(2016年度卒)

切り絵作家の縞見幸です。
2015年から独学で切り絵をはじめ、現在は仕事の傍ら作品制作を行い主にInstagramで投稿してます。
愛らしい表現の作品、おどろおどろしい表現の作品など幅広く作成しております。
作品の中に、煌めきと温かみを感じていただけば幸いです。

なかざわ りほ Riho Nakazawa

(2016年度卒)

「今日の夕焼けが凄く綺麗だった」など、日常の中にある小さな幸せを見つけるのが好きで、そういう幸せを忘れずにいたいなと思っています。
イラストでは人物を描くことが多いですが、見た方の心に寄り添うことができるような、優しく温かみのある作品づくりを目指しています。

ake

(2017年度卒)

幼い頃に見たり聴いたりしたこと、大好きだったゲーム、大好きだったアニメやお話を元に、どこかの宇宙の様な、生物の様な、星だったものの様な絵を、描いたり、作ったりしています。
忘れたくないものを頭の中で反芻し、忘れてしまったものを探しながら、私の中の“大切なもの”を形に出来る様に、日々勉強中です。

Shiho

(2017年度卒)

出身地・福井県

趣味・音楽聴く、絵を描く、遊びに行く事
   韓国ドラマを観る事

好きな画材・水彩絵具 色鉛筆

今後したいこと・点字の絵本を制作してみたいと思っています!

にぼし Niboshi

(2018年度卒)

東京デザイン専門学校2018年度卒業。その後デザイン会社にて雑貨デザインのスキルを身に付け、現在は「ときめくものだけをつくる」をモットーに、イラストレーターとして活動中。
基本的な作風としては淡くくすんだカラーで水彩風に着彩する事が多い。好きなモチーフはねこや女の子、ヨーロピアンな建物など。

リュウ トレイ Ryu Torei

(2021年度 在校生)

1995年中国生まれ。中国で大学を卒業した後、子供の美術教育に関する仕事経験をきっかけに、絵本は子供たちに楽しみを提供するだけでなく、時にその内容は大人に深く考えさせられることを深く実感し、絵本に対する興味が生まれました。
私は幼い頃からブタが好きで、ブタを見ることが私自身にとって一番癒されることだと思っています。そして、今度は私の癒しを子供向けだけでなく、大人にも感じてもらえるような作品を作るということを目指しています。

さとう りん Rin Sato

(2021年度 在校生)

今回は、絵本の原画を展示させていただきました。たくさんの食べ物が出てくるところが見どころです。私はこの絵本やパンダのキャラクターのように可愛らしく優しい色合いの温かみのある絵が好みなので、普段からこのような絵を描くことが多いです。また、細部を細かく描き込むのも好きなのでこれからもそういう作品を描きたいです。

かわむら ゆうこ Yuko Kawamura

(2021年度 在校生)

小顔でふとっちょの人物や植物を描くことが好きです。普段はiPadのProcreateというアプリで絵を描くことが多いですが、この作品のために色鉛筆72色を大人買いしました。72色は使いこなせていませんが、色の組み合わせ、塗りの線の向きもこだわったので、楽しんで頂けたら嬉しいです。

サジ ヒロミ Hiromi Saji

(絵本専攻担当講師)

絵本作家/イラストレーター/一級建築士
東京デザイン専門学校で2014年よりイラストレーション科 絵本専攻の授業を担当しております。若い方々の作品制作に対する ひたむきさや集中力、発想力にはとても励まされます。私も学生さんと一緒に日々成長させて頂いております。

ご来点のみなさまへ

営業時間変更のお知らせ

全国各地で緊急事態宣言が解除され、徐々にではありますが、不安から解放される日々が戻りつつあります。
しかし、およそ1年半にもわたるコロナウイルス禍によって、リモートワークの浸透や生活様式の変化だけでなく、わたしたちの考えも大きく変わったように思います。
点主も同様に、仕事や家族とのかかわり方を含めた自身の生き方について、見つめ直すきっかけとなりました。

そうしたさまざまな変化を考慮し検討しました結果、出発点では来たる11/10(水)より営業日を変更させていただくことといたしました。

●新たな営業時間(11/10~)
 日・月・火曜日……… 定休日
 水曜日……………………14~18時
 木~土曜日 ……………13~18時
 ※ギャラリー展示、イベントが開催される期間の日曜日は13~18時にて営業いたします(都度ご案内いたします)。

また、今後の感染状況を見極めながら、夜間特別営業として「夜行・出発点」を始めたいと思います。
店の通常営業終了後、19~21時のおよそ2時間、点内にてリアル参加型のイベントなどを行ってまいります(都度ご案内させていただきます)。

皆さまにはご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただければ幸いに存じます。

今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 出発点 点主 廣岡 一昭

※営業日時は諸般の事情によりやむを得ず変更する場合がございます。
当店のツイッターアカウント(https://twitter.com/shuppatsuten_jp)で最新の情報をご確認ください。

【ご来点時のお願い】

新型コロナウイルス感染予防対策として、ご来点のお客様には下記のご対応をお願いしております。
●来点当日は体温測定をお願いいたします。
(点内にも非接触体温計をご用意しております)
●ご入点の際は手指消毒とマスク着用をお願いいたします。
(アルコールおよび次亜塩素酸水をご用意しております)
●できるだけご来点の皆さま全員にお楽しみいただけるよう、多くのお客様がお見えの際の滞在時間は30分以内でお願いいたします。
●大きな声での会話はお控えください。

「出発点」でも、下記の取り組みを行っております。
●室内窓の開放およびサーキュレーターの使用
●各所への消毒グッズの配置
●ご芳名帳のカード化

●トレイによる金銭の受け渡し
●手に触れる部分およびご使用されたペンなどの消毒


なお、今後新たな宣言などの発令などにより、営業日時が変更になる場合がございます。恐れ入りますが、最新の情報は当HP・ツイッター(https://twitter.com/shuppatsuten_jp)にてご確認ください。

皆さまにはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

<終了>「星とお猫さま —星になって猫の国へ帰ったあのこへ」宮知和代個展

絵本作家・宮知和代さんの初となる個展です。

今回は星と猫をテーマに、コラージュ・オイルパステル画・立体など小作品を中心に展示・販売いたします。
ちいさな作品を覗きこむようにして、その質感や世界観をぜひ味わってくださいませ。

併せて、宮知さんのロングセラー絵本「おたのしみ じどうはんばいき」の原画も一部特別展示いたします。

展示期間:10月28日(木)から11月7日(日)まで *月・火は定休日
時間:13:00~19:00(水曜日のみ14:00~) *最終日は17:00まで
営業時間について

<作者プロフィール>

みやち かずよ Kazuyo Miyachi

神奈川県出身、在住。東京造形大学卒業。
絵本作家、イラストレーター。

<絵本>

「おたのしみ じどうはんばいき」 アリス館
 (第7回リブロ絵本大賞入賞、第9回MOE絵本屋さん大賞新人賞5位受賞)

「おふろで にほんちず」PHP研究所

<終了>「はらしままみ『とうもろこしぬぐぞう』絵本原画展」

2021年6月にポプラ社より刊行された絵本『とうもろこしぬぐぞう』の絵本原画を中心とした、絵本作家・はらしままみさん初の個展です。

作品原画をはじめ未公開原画も多数展示。ぬぐぞうの物語が完成するまでの変遷をぜひご覧くださいませ。

また、とうもろこしぬぐぞうのオリジナルグッズも限定販売! お見逃しなく!!

展示期間:10月14日(木)から24日(日)まで *月・火は定休日
時間:13:00~19:00(水曜日のみ14:00~) *最終日は17:00まで
営業時間について

<作者プロフィール>

はらしま まみ Mami Harashima

絵本作家、会社員。
1983年東京都生まれ。明治大学商学部商学科卒業。
パレットクラブ、キルタースペース絵本勉強会で絵本を学ぶ。また絵本ワークショップのチャブックスに参加するなどしながら、絵本の創作を続けている。
6月にポプラ社より「とうもろこしぬぐぞう」を出版。

<はらしままみ・SNS>
Twitter:@mamyche
Instragram:@mamitaka6

<終了>【10/10(日)ねこまつり最終日企画!】「ぱらぱらどうぶつえん」発売記念サイン会&「とびだすネコカード」ワークショップ

「ねこまつり at 湯島」、そして「渡る世間は猫ばかり展」最終日の10月10日(日)、しかけ絵本作家・山端マリーさんの出版記念イベントを開催します!

今年4月に発売された、ひっぱるとぱらぱらとどうぶつたちが楽しく動く、今までにない新しいしかけ絵本「ぱらぱらどうぶつえん」(大日本絵画刊)。
発売を記念したサイン会と、ネコが飛び出すかわいいポップアップカード「とびだすネコカード」製作ワークショップを同時開催します!

<山端マリーさんプロフィール>

京都府生まれ。夫・娘・息子とともに東京都在住。
父はカナダ人、母は日本人のハーフ。
祖父が工作の名人で、8歳のころに祖父に教わりながら妹の誕生日にはじめての手作りのしかけ絵本をプレゼントして喜んでもらったことがきっかけでその魅力に取りつかれる。
後に、偶然見つけた海外のポップアップのメッセージカードに鳥肌が立ち、涙が出るほど感動し、本格的にしかけ絵本の勉強を独学で開始。また絵本教室に通いながら物語の創作技術を学ぶ。
2015年「おおしま国際絵本コンクール」入選。
2017年「第1回手づくりしかけ絵本コンクール」優秀賞。
2018年「第2回手づくりしかけ絵本コンクール」最優秀賞。
2021年4月27日、大日本絵画より「ぱらぱらどうぶつえん」発売。
ポップアップカードやしかけ絵本の制作、ワークショップ開催など精力的に活動している。

●イベント内容

出発点にてしかけ絵本「ぱらぱらどうぶつえん」(大日本絵画刊)をお買い上げの方に、山端マリー先生のサインとともに、ポップアップカード「とびだすネコカード」製作ワークショップ体験を無料でお楽しみいただきます。
また、有料にてポップアップカード製作ワークショップだけのご参加も可能です。
著者とふれあいながらしかけ絵本の魅力をぜひお楽しみください。

●開催日時

10月10日(日) 13:00~19:00
 *ご予約不要・お申し込み順

●制作費

①出発点にて「ぱらぱらどうぶつえん」1,980円(税込)をお買い上げの方……お買い上げ1冊につき、1点製作無料!
*2点目からは製作費500円(税込)をいただきます。

②ワークショップのみご参加希望の方……製作1点あたり500円(税込)

・お願い

製作をお待ちになるお客さまが多数の場合は、人数制限をさせていただく場合がございます。


「渡る世間は猫ばかり—wataneko2021秋展」

2015年に、湯島地域で猫にちなんだイベントとして始まった「ねこまつり at 湯島」。
年々参加店舗が増えるなか、スタンプラリーイベントとして成長し、13回目の今回は15店舗が参加する一大イベントとなりました!

「ねこまつり at 湯島」ウェブサイト

出発点も念願かない、今回初参加いたします!
当点は“ねこまみれ”の企画展「渡る世間は猫ばかり―wataneko2021秋」を同時開催。作家さまの作品やグッズをはじめ、書籍・雑誌・リトルプレスなど、普段は店に並ばない自慢の猫たちが勢ぞろい。
ねこ似顔絵や、ポップアップカードのワークショップなどのミニイベントも開催開催予定!

秋の始まりは、ぜひねこまつりでお楽しみください。

展示期間:9月23日(木)から10月10日(日)まで
 *月・火曜日および、9/26(日)10/3(日)は店休日となります
時間:13:00~19:00(水曜日のみ14:00~)
 *営業時間について

<終了>【10/2(土)限定! ご予約不要! 申し込み順】ねこになりたい―あなたへ。「ねこ似顔絵」ミニベントのご案内

「ねこまつり at 湯島」および「渡る世間は猫ばかり展」開催期間中の10月2日(土)、イラストレーターで漫画家、そして似顔絵師の松島りつ子さんによるミニイベントを開催します。
ネコになりそこねた? そんなあなたのための化け猫プロジェクト!
「わたしも可愛いねこになりたい!!」とお考えの皆さま、猫になりきってお越しください。

●イベント内容

色紙用紙に松島りつ子さんが似顔絵をお描きします。ご希望により1枚の色紙に複数名を描くことも可能です。
 *構図によりご希望に応じられない場合もございます

●開催日時

10月2日(土) 13:00~19:00(ラストオーダー 18:30)
 *ご予約不要・お申し込み順

●制作費

1枚2,000円から(税込み)
 *上記の価格は1枚の色紙におひとりを描く場合です。人数や構図に応じて料金がプラスされます。詳細は点内でお尋ねください。

●制作時間

15分〜

●コロナウイルス対策について

お顔を描く前にお写真を撮らせていただきます。口元は写真を見ながら描きますのでマスクはご着用いただいて結構です。なお、撮影したお写真は完成後その場で消去いたします。

制作は松島りつ子さんとお客さまの間に飛沫防止のアクリルボードを介して行います。

制作をお待ちになるお客さまが多数の場合は、人数制限をさせていただく場合がございます。


「渡る世間は猫ばかり—wataneko2021秋展」

2015年に、湯島地域で猫にちなんだイベントとして始まった「ねこまつり at 湯島」。
年々参加店舗が増えるなか、スタンプラリーイベントとして成長し、13回目の今回は15店舗が参加する一大イベントとなりました!

「ねこまつり at 湯島」ウェブサイト

出発点も念願かない、今回初参加いたします!
当点は“ねこまみれ”の企画展「渡る世間は猫ばかり―wataneko2021秋」を同時開催。作家さまの作品やグッズをはじめ、書籍・雑誌・リトルプレスなど、普段は店に並ばない自慢の猫たちが勢ぞろい。
ねこ似顔絵や、ポップアップカードのワークショップなどのミニイベントも開催開催予定!

秋の始まりは、ぜひねこまつりでお楽しみください。

展示期間:9月23日(木)から10月10日(日)まで
 *月・火曜日および、9/26(日)10/3(日)は店休日となります
時間:13:00~19:00(水曜日のみ14:00~)
 *営業時間について

<終了>「渡る世間は猫ばかり—wataneko2021秋展」

2015年に、湯島地域で猫にちなんだイベントとして始まった「ねこまつり at 湯島」。
年々参加店舗が増えるなか、スタンプラリーイベントとして成長し、13回目の今回は15店舗が参加する一大イベントとなりました!

「ねこまつり at 湯島」ウェブサイト

出発点も念願かない、今回初参加いたします!
当点は“ねこまみれ”の企画展「渡る世間は猫ばかり――wataneko2021秋」を同時開催。作家さまの作品やグッズをはじめ、書籍・雑誌・リトルプレスなど、普段は店に並ばない自慢の猫たちが勢ぞろい。
ねこ似顔絵や、ポップアップカードのワークショップなどのミニイベントも開催開催予定!

秋の始まりは、ぜひねこまつりでお楽しみください。

展示期間:9月23日(木)から10月10日(日)まで
 *月・火曜日および、9/26(日)10/3(日)は店休日となります
時間:13:00~19:00(水曜日のみ14:00~)
 *営業時間について

10/2(土)開催 「ねこになりたい―あなたへ。『ねこ似顔絵』ミニベントのご案内」


新作の猫作品・グッズ展示作家さま(敬称略・あいうえお順/10月1日現在)

 ATELIER GATTO

 飯田ツトム

 潤 咲良

 えんどうたかこ

 木月けいこ

 久保田寛子

 倉石 恵

 小泉晃子

 さかうえだいすけ

 ささら 優

 Sachibockle

 しづかなお

 縞 見幸

 鈴木ズコ

 星羊社

 竹熊ゴオル

 田中ひろみ

 垂井ひろし

 多屋光孫

 月草

 niboshi

 フジキカオリ

 Benizake

 松島りつこ

 宮知和代

 山端マリー

 若生ゆくお

そのほか、さまざまな作家さまの作品が勢ぞろいしております!

筆耕:大塚諒真