ごあいさつ

はじめまして。
旅と思索社という小さなひとり出版社を本の街・神田で立ち上げました。
それから7年。

さまざまな方々の思いと、私自身、ずっと感じていた思いが重なって、このたび、文京区湯島の小さな編集事務所に、ギャラリーと本を売るお店を開くこととなりました。

場所の名前は「出発点」。
会社を始めた時から、さまざまな思いを持った人が集まり、新しいことやものが生まれる場所を作りたいと思ってずっと密かに温めてきた名前です。

出発点 点主 廣岡 一昭

【だいじなお知らせ】

新型コロナウイルス感染予防対策として、ご来点のお客様には下記のご対応をお願いしております。
●来店当日は体温測定をお願いいたします。
(点内にも非接触体温計をご用意しております)
●ご入店の際は手指消毒とマスク着用をお願いいたします。
(アルコールおよび次亜塩素酸水をご用意しております)
●できるだけご来点の皆さま全員にお楽しみいただけるよう、多くのお客様がお見えの際の滞在時間は30分以内でお願いいたします。
●大きな声での会話はお控えください。

「出発点」でも、下記の取り組みを行っております。
●室内窓の開放およびサーキュレーターの使用
●各所への消毒グッズの配置
●ご芳名帳のカード化

●トレイによる金銭の受け渡し
●手に触れる部分およびご使用されたペンなどの消毒


なお、今後新たな緊急事態宣言の発令などにより、営業日時が変更になる場合がございます。恐れ入りますが、最新の情報は当HP・ツイッター(https://twitter.com/shuppatsuten_jp)にてご確認ください。

皆さまにはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。