営業再開に向けてのご案内

いつもBookstore&Gallery「出発点」をご愛顧いただきまことにありがとうございます。

私事ではございますが、昨年2月に心臓の不整脈が見つかり、同年6月にカテーテル手術を行いました。
その直後より原因不明の眼の不調が始まり、日常生活にも支障をきたすようになってしまいました。

夏以降、臨時休業をいただきながら病院を訪ね歩く日々が続き、一時は出発点の閉点も考えるところまで行きましたが、年が明け、今年2月に入ってから薄紙を剥ぐようにですが回復の兆しが見え始め、ようやく以前と同じような日常生活が徐々に送れるようになってきました。

ほんとうに一歩一歩となりますが、完全復帰に向け当面は下記の通り不定ながら再び店の営業を再開したいと思います。

 ◆月・火曜日……定休日

 ◆水~土曜日……不定営業 13:00~19:00 

 ◆日曜日……臨時休業

なお、不定営業期間中の営業時間等は当HP・ツイッター(https://twitter.com/shuppatsuten_jp)のタイムラインよりご確認くださいませ。

このたびはわたくしの体調不良により、皆さまにご心配ご迷惑をおかけしてまことに申し訳ありませんでした。
必ずまた皆さまにまたお会いできるよう、養生してまいります。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 出発点 点主 廣岡一昭拝

今年も王冠印雑貨店さまと「猫又まつり」を開催します!

「ねこまつり at 湯島」でおなじみの、王冠印雑貨店さんが毎年開催する「猫又まつり」。
昨年に続き、今年も2店で同時開催いたします!

開催期間:2023年7月22日(土)〜8月13日(日)
期間中のお休み:月・火、8/6(日)

それぞれのお店で1,100円以上お買い上げのお客さまには猫又スタンプをお押しします。スタンプが二つ揃うとそこに現れるのは……。

期間中、出発点では猫又・妖怪にちなんだ書籍を展示販売いたします。歌川国芳から石黒亜矢子まで、人気作家の妖怪・猫又イラスト満載の書籍を取り揃えてお待ちしております。

また当点オリジナルの「猫又」御書印(※)も人気です!
御書印料は200円(税込)、全国の御書印巡りに使える御書印帳は無料で差し上げております。

御書印の内容は変更になる場合がございます。

※御書印とは、全国およそ400の書店が参加する、書店と人を結ぶオリジナル書印集めのプロジェクト。参加店もどんどん増えています。

御書印プロジェクト公式ページ

<終了>今年の大きな目玉は『湯島・怪談夜話』!!

そしてそして、今年の大きな目玉は、期間中の7/29(土)開催の『湯島・怪談夜話』!!
落語立川流・立川寸志さんによる、蒸し暑い夏の夜が一気に涼しくなる、「猫」の怖ーいお話でお楽しみください。
前座はなんと! ねこのサブちゃんが努めます。

夜話のお申し込みは王冠印雑貨店さまの特設ページからどうぞ。
<終了>湯島・怪談夜話 7/29(土)<前売り券>

👑王冠印雑貨店
ウェブサイト
インスタグラム

001『本と旅する 人生あの本この本』

「出発点」が始める、みんなでつくる文集ZINEの第一弾。

ふと、あなたの人生を振り返ったとき、思い出される本がありますか?
あなたにとってその本はどんな意味を持つのでしょうか。
人生の記憶を手繰り寄せたときに現れる大切な本たち。それぞれの書き手が過去と今、そして未来を読み手とともにつなぎます。

【もくじ】

 大塚 親徳 ◆ かりんとう

 武塙 麻衣子◆ 愛らしきもの

 中村 桃子 ◆ 旅の途中、あなたとわたしと皆の舞台

 奥澤 勇斗 ◆ 未行文

 馬場 紀衣 ◆ この世でもっと美しく、残酷な本のこと

 藤田 あお ◆ 本にまつわる手記

 前田 将多 ◆ わたしは本で旅してきた

 板垣 真任 ◆ 炭酸と退屈

 宇海  翼 ◆ 戸籍のない私

【装画】Yuko kawason

【企画・編集】Bookstore & Gallery 出発点/旅と思索社

A5判/並製/オフセット1C/80ページ
〔リトルプレス〕

2023年5月21日 発行発売

ご購入は出発点Webストアへ!

【道草カレッジ・ネコのひげ009】『赤いマルフクと黄色いきぬた  看板ZINEよもやま話』<リアルトークイベント>

近年、さまざまな同人誌会場で話題をさらう看板ZINE。
今回は旬なZINE 作者お二人のトークイベントを開催!!
看板ネタ集めのスペシャリスト、「マルフク看板」「キリスト看板」でおなじみのモナコ広告さん、「きぬた歯科
看板」で話題のD.J. マメさんに、情報収集とZINE 作りの極意を語りつくしてもらうスペシャルな企画です!

◆登壇者(50 音順)
 D.J.マメさん……きぬた歯科ZINE 作者 Twitter:@minor1979
 モナコ広告さん……マルフク看板・キリスト看板ZINE 作者 Twitter:@hira_elt
 *司会 旅と思索社・廣岡

◆日時
 2023年6月3日(土)14:00~16:00

◆参加定員
 35名さま
 *参加人数が最低催行数に満たない場合は中止(別途ご返金)となる場合がございます。ご了承ください

◆プログラム
 13時 開場
 14時 開始
    お二人の自己紹介と最新刊の紹介
    看板収集のきっかけ/収集旅での面白い・思い出のエピソード
    ZINE作りのプロセスやエピソード/イベントのノウハウや楽しみ
    最新の看板情報/今後の活動/質問コーナー など
 16時 終了
    本およびグッズの販売(17時まで)

◆会場
 湯島御霊社(ごれいしゃ)会館
 文京区湯島2-11-15 MAP
 *Bookstore & Gallery 出発点(文京区湯島2-5-6 MAP)より徒歩2分

◆主催
 Bookstore & Gallery 出発点
 〒113-0034 東京都文京区湯島2-5-6 清水ビル2F

【道草カレッジ・ネコのひげ008】第6回この本だいすきの会オンラインイベント・最上一平さん講演会『私の好きな人たち』

こんにちは、この本だいすきの会です。
私たちの会は、「いつでも どこでも だれでも 読み語り」を合い言葉に、子どもの本の読み語り活動を続けて42年にになります。子どもたちの心豊かな成長を願って、講演会や絵本やお話などを、家庭、地域、学校、園などに、届ける活動を続けています。
世の中がコロナ禍となり、なかなか活動が出来なくなり、また皆様にお会い出来なくなり、それではとオンラインイベントをスタートし、今回6回目となっております。
今回お招き致しました方は、我が会では、大変お世話になっておりますお馴染みの、児童文学作家、最上一平さんです。演題は、「私の好きな人たち」です。最上一平さんは、日本児童文学者協会新人賞、日本児童文学者協会賞、新美南吉児童文学賞、ひろすけ童話賞、日本絵本賞など、(新日本出版社、岩崎書店など)沢山の賞も受賞されております。
最近の作品には、“すずばあちゃんのおくりもの”、“いのちがかえっていくところ”、”あらわれしもの“などのお話があります。あのぬくもりあるお話を伺うのが今から楽しみですね。
どうぞ皆様、お誘い合わせの上、ご参加ください。心よりお待ち致しております。

この本だいすきの会
事務局長 中村美智子

【お申込み方法】出発点ウェブストアの特設ページよりお申し込みください。

タイトル:『私の好きな人たち』
日時:2023年6月10日(土)14:00~16:00
参加費:1,000円(税込)
申込締切:2023年6月3日(土)23:59
主催:この本だいすきの会

<講師紹介>
1957年、山形県生まれ。『銀のうさぎ』で日本児童文学者協会新人賞、『ぬくい山のきつね』(ともに新日本出版社)で日本児童文学者協会賞、新美南吉児童文学賞。『じぶんの木』でひろすけ童話賞、『たぬきの花よめ道中』(ともに岩崎書店)で日本絵本賞受賞。 作品に『すみれちゃんとようかいばあちゃん』、『あらわれしもの』(ともに新日本出版社)、『いのちがかえっていくところ』(童心社)など。

<講師からのメッセージ>
子ども達の力  最上一平

2月27日の朝めしは目玉焼きだった。NHKのニュースを見ながら食べるのが我が家のならわし。見ていると、ウクライナの子ども達の前で(難民キャンプだったろうか)、いっこく堂のように片手にトラ(?)を持った演劇を教えているという先生が、演じていた。
画面は子ども達に。みんな食い入るように見ていて、歯の抜けた口をあけて笑ったり、目玉をランランさせている。子ども達は、どんな時でもこういう顔になる力を持っているんだなあと、ホッとするし嬉しくもなる。
演者の先生、こんな顔を引きだせるのは、スゴイ。本来、ミサイルを落とすのが大人のやることではなく、演者のように子ども達を喜ばせるのが大人の仕事だろう。(読みがたりのように)物語を作っている身になれば、私も少しでもこの演者に近づきたいなあ。私の好きな人たちを書いていこうと思っているのだけれど、できるかしら。

シェア本箱「はこハブ」箱主さま募集!

シェア本箱「はこハブ―Haco Hubooks」がいよいよスタートします。

1月に一時閉店した出発点の一角に、那須の宮大工さんに頼んで作ってもらった木箱を50個積み上げました。
集いの場をつくりたいと思いながら店を始めておよそ3年、本でつながる場所づくりの一つの答えをこの「はこハブ」に込めました。
木箱の中にご自分の思いがつまった世界をぜひ築き上げてください。
箱主さんの思いを込めた本が、新しい読み手のこころと出会いますように。

「はこハブ」のお申し込みはこちらから(STORESのページにジャンプします)


「はこハブ」のご紹介

  • 出発点内のスペースの一部を「はこハブ」としてご提供いたします。
  • 第1期の設置数は50箱となります
  • 本箱(木箱)の標準仕様
    幅300ミリ×高さ350ミリ×奥行き300ミリ
    *一部個所についてはサイズが異なる場合があります
  • 費用(すべて税込みです)
    ①箱主登録料(初回登録時のみ発生する費用/一箱主さまのお申し込みにつき)……10,000円
    月間利用料(毎月発生する費用です)……3,300円
     *2箱申し込みの方は特別料金(合計5,500円)となります!
     *年間契約にてお申し込みの方は、登録料を5,000円割引させていただきます!

    ③売上手数料(月ごとの実績に合わせて発生する費用です)
     月間の売上金額が
     ・1万円未満……いただきません
     ・1万円以上……売上額の20パーセントをいただきます

     *登録料・月間利用料のお支払いは出発点ウェブストア(STORESのサービスを利用)をご利用いただきます。 
      (そのほかのお支払方法をご希望方は別途ご相談ください)
  • 特典
    ①イベントのオンライン参加費無料!
     旅と思索社・出発点が主催する会場参加の有料イベントのうち、動画配信を同時に行うものについては無料にてご覧いただけます
    ②一日店主制度でイベントの主催が可能!
     出発点内の売り場を専有して、箱主さまイベント展示・販売を行っていただけます。ご希望に応じて徒歩2分の神社会館(最大40名収容可)手配なども可能です。
    ③「本の駅ゆしま 一箱古本市」への参加費無料!
     湯島地域で開催が始まる本のイベント(一箱古本市)に無料で参加できます(年2回ほどの開催を計画中です)。
     *スペースに限りがあり、一般参加の方を含めた先着順になります
  • 補足
    ・リニューアルのため出発点は現在一時休業中です。点内をご覧になりたい方は下記お問い合わせフォームよりご連絡ください
     *遠方などでどうしてもご来点が難しい場合は、ZOOMや写真などを利用して確認いただける努力をします。お気軽にご相談ください!
    ・利用期間については定めません
    ・サークルなど複数メンバーでのご利用も歓迎します!
    ・本箱の複数ご利用も可能です

なお、ご質問などございましたら旅と思索社お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

みなさまのお申し込みを心よりお待ちしております。

「本の駅ゆしま 一箱古本市」出店者さまのご紹介

たいへんお待たせいたしました!
第1回「本の駅ゆしま 一箱古本市」の出展者さまをご紹介いたします。
初めての開催にふさわしい、個性あふれた本屋さんがたくさん集まってくださいました。
4月16日まで残すところあとわずか。どうぞ首を長くしてお待ちくださいませ!

2023年4月8日 現在

◆BOOKS

晴山屋

ロケーション

第1会場(湯島御霊社会館)〔文京区湯島2-11-15〕

山手線の東側に勤めていた若い頃、どの職場もちょうど湯島が行き来しやすく、よく寄り道をしました。
とても懐かしく思い出深い街です。思い出の街に、思い出の本を携えて参加します。児童書多めです。
よろしくお願いします。


kafka

ロケーション

第1会場(湯島御霊社会館)〔文京区湯島2-11-15〕

ふつうとふしぎのまんなかで、トランクに本をつめこんで売っています。
神奈川の鵠沼海岸にある【映画と本とパンの店 シネコヤ】で移動本屋をしたり、コラムを書いたり。
各地の古本市へ旅したり、相模大野で「さがみはら一箱古本市」の運営をしています。

SNSアカウント

Twitter:@cinekoya_tosho
Instagram:kafka.book23


虎徹書林

ロケーション

第1会場(湯島御霊社会館)〔文京区湯島2-11-15〕

出版・イベント出店・シェア型書店での棚主活動をしています、虎徹書林の店主あらたまです。
古本市は初めての出店でドキドキしています。古本の他に虎徹書林の既刊も少々お持ちします。
よろしくお願いいたします。

SNSアカウント

ホームページ:https://kotetu-shorin.jimdosite.com/
Twitter:@pomkiri_kote_do
Instagram:books_goods_ko.shorin


Books&Cafeドレッドノート

ロケーション

第1会場(湯島御霊社会館)〔文京区湯島2-11-15〕

江東区の清澄白河にあるBooks&Cafeドレッドノートです。
店舗は書店に喫茶店を併設しています。近現代史、軍事・戦争史、UFO・超常現象等の新刊と古本を中心に販売しています。

SNSアカウント

Twitter:@suzukitaitou
Instagram:dreadnought1128


夜フクロウ文庫

ロケーション

第1会場(湯島御霊社会館)〔文京区湯島2-11-15〕

「非日常へ、異世界へ」をテーマに、ファンタジーやSFの文庫本を200円均一で販売します。
神保町のシェア型本屋「猫の本棚」で棚主をしており、そちらではハードカバーや大型本(画集)なども販売しています。

Instagram:night_owl_tokyo


こしらえ座

ロケーション

第1会場(湯島御霊社会館)〔文京区湯島2-11-15〕

一箱古本市に初めて参加させていただきます。本好きさん向けハンドメイド雑貨もお持ちします。

SNSアカウント

Twitter:@kosiraeza


武塙家の本棚

ロケーション

第1会場(湯島御霊社会館)〔文京区湯島2-11-15〕

エッセイ、日記、小説などを書いています。
趣味は誰かの本棚を眺めること。一挙公開! とまではいかないけれど、今回の本の駅ゆしま一箱古本市では我が家の本棚を一部ご紹介します。
新刊酒場エッセイ「酒場の君」も当日発売です。よろしくお願いいたします。

SNSアカウント

Twitter:@MaikoTakehana


RAINBOWBOOKS

ロケーション

第1会場(湯島御霊社会館)〔文京区湯島2-11-15〕

絵本やビジュアルの多い本、自分の好きな作家を中心に前日の気まぐれでお持ちします。

SNSアカウント

Twitter:@RAINBB48


飯森さんの本棚

ロケーション

第1会場(湯島御霊社会館)〔文京区湯島2-11-15〕

こんにちは、飯森(いいもり)さんの本棚です。
2人でのんびりやっております。ご飯を食べた時のような、森にいる時のような、あたたかくて楽しい気持ちをお届けできればと思います。みなさんとお会いできることを楽しみにしています。

SNSアカウント

Instagram:iimorisan13


ホウカゴ文庫

ロケーション

第1会場(湯島御霊社会館)〔文京区湯島2-11-15〕

フロム平塚。
ひと昔前のヴィレヴァンにあった、仕事や学校帰りの放課後に読みたくなる、ちょっと気になる・おもしろそうな本を中心にセレクトしています。
おまけで店主が参加しているバンドの音源も手売りしてます!

SNSアカウント

Twitter:@SoechangR134


マイペース書店

ロケーション

第1会場(湯島御霊社会館)〔文京区湯島2-11-15〕

普段は西日暮里ブックアパートメントの棚主、最近は一箱古本市などにも出店しています。
絵本やエッセイなどを中心に持っていきます。遊びにいらしてくださいね。

SNSアカウント

Instagram:bookshop_mypace


純情キャリコ はなれ

ロケーション

第1会場(湯島御霊社会館)〔文京区湯島2-11-15〕

ひとりサークル純情キャリコです。
薄甘い食べ物と煩悩と制服が好きです。「犯罪ノンフィクション」と「事件をモチーフにした小説」を持っていきます。
自作の犯罪ノンフィクションブックガイド「罪の話を聞かせて(準備号)」、台湾スイーツ豆花の本、メイド喫茶のレポート本もあります。猫のしおり無料配布中。どうぞよろしくお願いします。

SNSアカウント

Twitter:Calico_j


ひだまりワッフル

ロケーション

第2会場(王冠印雑貨店ガレージ)〔文京区湯島3-4-2〕

現在ワッフルは諸事情によりお休みしていますが、時々イベント等でお世話になっております。
ガレージセール等でいつも思う事は。。。売れて欲しく無い物から売れる。なので今回は売れて欲しく無い、好きで手元に置いてある本を中心に持っていこうと思います。
まぁ売れてどうしてもやっぱり欲しかったらまた探します(^^♪
今回はジャンルは猫、音楽、バイク、ラグビー、プロレス、ナンシー関あたりを。
僕のお気に入りをぜひ見に来て下さい。

SNSアカウント

Twitter:waffle_hidamari


ホテル暴風雨

ロケーション

第2会場(王冠印雑貨店ガレージ)〔文京区湯島3-4-2〕

世界初のホテル型ウェブマガジンです。
出版レーベルは「ホテルの本棚」です。自主制作の猫の本、犬の本、盆栽フクロウの本など出品します。カメのブローチ、盆栽のブローチも出品します。店番は絵本作家の風木一人です。

SNSアカウント

HP:https://hotel-bfu.com/
Twitter:@hotel_bfu


百万年書房

ロケーション

第2会場(王冠印雑貨店ガレージ)〔文京区湯島3-4-2〕

百万年書房・北尾修一です。
当日は弊社刊行の本、ZINE、グッズのSALEをおこないます。
売れる売れない二の次で/かっこのよろしい本つくり/読んでもらえりゃ万々歳/ そんな私は傾奇者/人呼んで百万年書房と発しやす
http://millionyearsbk.stores.jp

SNSアカウント

HP:http://millionyearsbookstore.com/
Twitter:@millionyears_bs
Instagram:millionyearsbookstore


黒猫舎

ロケーション

第2会場(王冠印雑貨店ガレージ)〔文京区湯島3-4-2〕

手ぬぐい好きが高じてオリジナル手ぬぐいや手ぬぐいZINEを制作しています。
手ぬぐいのことなら色々語りますのでご興味がありましたら声をかけてください。

SNSアカウント

Twitter:@kuronekosha22


Studio Trianon

ロケーション

第2会場(王冠印雑貨店ガレージ)〔文京区湯島3-4-2〕

Studio Trianon(スチュディオ・トリアノン)です。
ピアノの楽譜、音楽関係本、フランス語の本、雑誌アントレ(ほぼ全巻あります)をお持ちします。
当日は「バッハ平均律曲集を奏でる会」の開催日。Studio Trianonへ見学(13時〜16時)も歓迎です♪(徒歩30秒)

ホームページ

https://www.studiotrianon.com


ひととび書籍部

ロケーション

第2会場(王冠印雑貨店ガレージ)〔文京区湯島3-4-2〕

舟之川聖子の制作物を販売している「ひととび書籍部」です。
文学フリマや一箱古本市にときどき出店しています。新刊は、Zine「積読本をひらく読書会のレシピ」、作品集〈観ること〉、切手と詩のコラージュ、10代と対話するための『きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ』。
古本は小説、アート、歴史をテーマに並べる予定です。本を通じていろんな方とお話するのを楽しみにしています。

SNSアカウント

Twitter:@seikofunanok
Instagram:seikofunanok
HP:https://seikofunanokawa.com/


ノンバズル企画

ロケーション

第2会場(王冠印雑貨店ガレージ)〔文京区湯島3-4-2〕

ふだんは民俗学エンタメZINE「民俗学は好きですか?」の制作・販売をしています。
今回はZINEと古本を販売する予定です。

SNSアカウント

Twitter:@daikumilk


むゆう舎

ロケーション

第2会場(王冠印雑貨店ガレージ)〔文京区湯島3-4-2〕

文庫や図録など色々持っていきます。
食に関する本が多めです。豆本もあります。

SNSアカウント

Twitter:@muyuusha
Instagram:muyuusha


Librairie B612

ロケーション

第2会場(王冠印雑貨店ガレージ)〔文京区湯島3-4-2〕

夜空にきらめく星々のように世界中に散らばる『星の王子さま』の本を集めています。
「Librairie B612」では、『星の王子さま』とその作者サン=テグジュペリに関連する書籍を専門に販売しています。夢は『星の王子さま』の図書館を作ること。

SNSアカウント

Twitter:@librairieb612
Instagram:librairieb612


つくし文庫

ロケーション

第2会場(王冠印雑貨店ガレージ)〔文京区湯島3-4-2〕

一箱古本市自体、初めてです。
絵本を中心に楽しく参加したいと思います。
本を通じて交流の輪を広げましょう。


古書 田川庄助

ロケーション

第2会場(王冠印雑貨店ガレージ)〔文京区湯島3-4-2〕

福島県の伊達で、江戸時代末期から6代続いた商屋 田川庄助。
祖父の代で途絶えたそれを、兄弟3人で古書店として復活させました。どうぞよろしくお願いいたします。

SNSアカウント

Twitter:@tagawa_shousuke


中野活版印刷店

ロケーション

第2会場(王冠印雑貨店ガレージ)〔文京区湯島3-4-2〕

東京・荻窪で活版印刷とリソグラフができる印刷スタジオです。
小ロットの印刷物、ZINEやグッズの作成など印刷にまつわることは何でもご相談ください。
今回は弊社で制作した、リトルプレスの販売をします。

SNSアカウント

HP:https://www.letterpress.so/
Instagram:nakano_letterpress
Twitter:@nakano_bz




◆GOODS・SNACK

茶売り友や

ロケーション

第1会場(湯島御霊社会館)〔文京区湯島2-11-15〕

当日は抹茶をはじめとしたお飲み物を販売いたします。
ちょっとした甘いものも持っていく予定なので
本を選んで疲れたら休憩してくださいね。

SNSアカウント

Twitter:@yuminogu
Instagram:yuminogu19


ATELIER GATTO

ロケーション

第3会場(Bookstore & Gallery出発点)〔文京区湯島2-5-6 清水ビル2F〕

当日は『出発点』にてオーダーブックカバー受注会を開催いたします。
お客さまの本をご持参いただき、本のサイズを採寸。ご用意した生地見本帳の中からお好きな生地をお選びください。心を込めてお作りさせていただきます。
「ぴったりサイズを作ってもらいたい!」という方はぜひお越しくださいませ。
また、当日は現在発売中のブックカバーやポーチ、定番のバッグインバッグなど多数お持ちする予定です。
ATELIER GATTOの商品を直接ご覧いただけるチャンスですので、お時間がありましたらぜひ足を運んでくださいませ。

SNSアカウント

Instagram:gatto_tomo


新年のごあいさつと一時閉店のお知らせ

明けましておめでとうございます。

旧年中はBookstore&Gallery「出発点」をご愛顧いただきまことにありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、小さな書店&ギャラリーとして、またひとり出版社「旅と思索社」の集いの場として店を続けてまいりましたが、来る1月31日(火)を持ちまして、新たな店へ生まれ変わるために一時閉店させていただくことといたしました。

およそ2年半、図らずも激動の時代を皆さまとともに歩むことができて心より感謝しております。

新しい「出発点」は場所こそ変わりませんが、より本屋としての在り方を追い求めた新たな店にしたいと思っております。作家さまの委託品については期間を設け、旬の作品を定期的に展示販売したいと思います。

現在、新緑の5月中をめどに再開を目指しています。どうぞ開点まで温かく見守っていただければ幸いです。

●閉店までの営業スケジュールについて

残りわずかとなってしまいましたが、閉店までの営業スケジュールは下記の通りとさせていただきます。
(なお、事情によりやむを得ず営業日時を変更する場合がございます。なにとぞご了承ください)

【営業日】
1/13(金)、14(土)
1/20(金)、21(土)
1/27(金)、28(土)
1/29(日)、1/30(月)、1/31(火)

【営業時間】
13~18時
*御書印はこの時間内でしたらいつでもお受けいたします

【お知らせ】
これまでのご愛顧への感謝といたしまして、在庫限りとなりますが今月中に点内の品物をお買い求めのお客さまには、スタンプポイントを2倍押印させていただきます。合計ポイント数により、いつも通りその場で作家さまのオリジナルポストカードへの交換も可能です。
(カードには有効期限がございませんので店の再開後もそのままお使いいただけます)

一時閉店まで残りわずかとなりますが、引き続きご愛顧くださいますようよろしくお願い申し上げます。

合同会社 旅と思索社 代表社員 
Bookstore & Gallery 出発点 点主 
廣岡 一昭  

臨時休業のお知らせ

いつも出発点をご愛顧いただきまことにありがとうございます。

来る11/4(金)・5(土)は諸般の事情により臨時休業とさせていただきます。
皆さまにはご不便ご迷惑をおかけいたしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

※最新の営業時間はHPまたはツイッター(https://twitter.com/shuppatsuten_jp)にてご確認ください。 また、やむを得ず営業時間を変更する場合がございますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます

出発点は開点2年を迎えました。

いつも旅と思索社、Bookstore&Gallery「出発点」をご愛顧いただきまことにありがとうございます。

10月9日、本日、皆さまのおかげをもちまして店をオープンして2年を迎えることができました。
まことにありがとうございます。

閉塞した世のなかの始まりなど予想もできなかった2019年の夏に店を借り、図らずもコロナ禍の拡大とともに踏み出してからの2年間。ほんとうに迷いながらの日々でした。それは今も続いています。

でも、思いがあって始めた店です。私が元気なうちはどのような形であれ、続けられるよう力を尽くしていきたいと思います。

この先も変わらずご愛顧のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

出発点 点主 廣岡 一昭